6.伊那人物&活動図鑑

繊細で独創的な和菓子の世界


繊細で独創的な和菓子を作り出す

「菊香堂 本店」店主 赤羽 政治さん

2017/12/4
 伊那市駅と伊那北駅とのちょうど中間点に店舗を構える「菊香堂」さん(伊那市坂下旭町)
名物の高遠饅頭をはじめ、おみやげ品としても人気の高い
伊那の銘菓が並ぶ店内には、

赤羽さんが作り出すかわいらしい和菓子が表情豊かに並んでいます。
「移りゆく季節を和菓子で表現したい」
そんな職人魂から生み出される上生菓子は、 商品というより「作品」に近いかも。
試行錯誤の連続の中で、繊細な作業を積み重ねて生まれる「作品」たち。
今月はクリスマスをモチーフに「栗すます」「トナカイ」といった作品たちが並んでいます。
そのネーミングも赤羽さんの笑顔のようにチャーミング。
伝統の技術を生かし活躍する赤羽さんは、世界に愛と夢を運ぶ伊那のサンタクロースです。

「菊香堂」ホームページはこちら

公開日2017/12/05
伊那市観光協会

伊那の手打ちそばで国際交流

伊那の手打ちそばをプラハ(チェコ共和国)でPR
「信州そば発祥の地 伊那そば振興会」

2017/11/17-19
伊那市内のそば店や愛好団体などで構成される同会の会員20名は、
チェコのプラハで開く国際交流イベント「ジャパンウィーク」において 手打ちそばを披露し、信州そば発祥の地「伊那市」をPRします。
「日本の文化を世界に届けよう!」というコンセプトで行われる「ジャパンウィーク」は、
日本の多彩な魅力を海外で披露・紹介し、楽しみながら日本文化を知ってもらう国際交流イベント。
長野県内からは、伊那そば振興会を含め6団体が参加します。
同会のブースは会場内の中央に置かれ、
そば打ち名人の会のメンバーがそば打ちを披露。
一日300食を来場者にふるまい、打ち立てを味わってもらうとともに、伊那市を紹介します。
また、そば打ち体験などを通じて現地のみなさまとの交流を深め、
民間交流親善大使の役割も果たす活動に努めます。

 

公開日2017/11/15
伊那市観光協会

世界の「カモシカシードル」

 

世界に評価された
「カモシカシードル醸造所」 入倉さん

2017/10/12    伊那市横山
信州伊那市といえば「りんご」
そんな特産品を商品にして栽培から製造販売まで
一貫して携わりたいと考えた先にあったのが
りんごの発泡酒である「シードル」でした。
醸造の専門学校に通いその技術を身につけ、
伊那市横山で醸造所を設立した入倉さん。
「発酵中は目が離せず、時には夜中でも作業をしますよ」と語る横顔は、
りんごに対する愛と優しさにあふれています。
そんな入倉さんが手がけたシードルがこの夏、
世界的権威のある審査会で「金賞」に輝き、
日本でただひとつ 世界で認められたシードルとなりました。
仙丈ヶ岳を仰ぎ見る横山の地から、未来への展望が開けてゆくようです。
カモシカシードル醸造所HP

 

公開日2017/10/12・更新日2017/10/13
伊那市観光協会

伊那まちをそばで元気に。

伊那まち手打ちそば「和sobaカフェ」
唐沢さん 伊那市駅前 駅ビル「いなっせ」横
2017/9/14
「信州そば発祥の地 伊那」の玄関口ともいえる
伊那市駅前で旨いそばが食べられるお店を、
という思いで開業した店主の唐沢さん。
かわいらしい外観と「カフェ」という店名ですが
本格的な手打ちそばを提供してガンバっています。

旬の野菜の小鉢はおふくろの味。
地元産山ブドウで造られた赤ワイン「山紫」は、そば屋で飲むワインとして人気です。
毎月月末は「そばの日」として100円割引サービスもあります。
伊那のまちをそばで元気にしたい。
店主の唐沢さんとお母さんの笑顔がステキでした。

公開日2017/09/14・更新日2017/09/27
伊那市観光協会

鹿嶺高原は天空のリゾートです

 天空の楽園で頑張る「伊那谷山りん舎」
2017/8/19
人間味あるキャンプ場スタッフが、お客さんのニーズに応え
あたたかみのあるサービスを目指し、日々奮闘しています。
鹿嶺高原と、周辺の美しく雄大な大自然の中で
「生きていてよかった!」
いのちのありがたさをじみじみ実感する。
意義深い時間を過ごせる天空の楽園です。

公開日2017/08/20
伊那市観光協会

そば在来種復活に夢をかける

在来種復活に夢をかける「伊那そば振興会」
2017/7/19
長谷入野谷地区で昔作られていた在来種のそば復活に取り組むみなさんがいます。
伊那市内のそば店主やそば打ち愛好家が集まり結成する「伊那そば振興会」
そばに愛と情熱をかける夢復活プロジェクトは今年で2年目です。

栽培拠点となっている長谷浦では、昨年より栽培地を5倍に拡大。
梅雨明けした青空のもと、強い日差しに負けないように種まきを行いました。

公開日2017/07/19
伊那市観光協会

高遠そば組合で取り組む特別な「寒晒蕎麦」

 

冬の大寒に仕込んだ「寒晒蕎麦」をご存じですか
2017/7/13
信州そば発祥の地である伊那市は、寒晒蕎麦も発祥の地と言われています。
高遠藩伝承の製法でこの特別なそばに取り組むのは「高遠そば組合」のみなさま。
極寒のなか、長谷入野谷の川にそばの実を浸し立春に引き上げて作ります。
うまいそばの味を求めて行う作業は、とても大変なものですが、
その努力のおかげで、今年も一味違った「寒晒蕎麦」を味わうことができます。
信州の寒さを甘味と旨味に変えて。もちもち食感でいただく。
7月15日~17日まで数量限定の特別な味です。

公開日2017/07/13
伊那市観光協会

思沢川に蛍を育てる会

蛍を守って20年「思沢川に蛍を育てる会」
2017/5/24
御園地区に流れる思沢川に蛍を育て守っている皆さんがいます。
地区の有志の方を中心に現在会員99名。
6月10日から始まる「思沢川のほたるまつり」に向けて周辺の草刈や整備を行い
まつり期間中は当番で現地のご案内をする予定です。
豊かな自然を守りながらその素晴らしさを伝える努力を惜しまない。
そんな会の活動のおかげで年々、蛍の数が増えており、幻想的な乱舞がみられる名所になっています。

公開日2017/05/24
伊那市観光協会

地元中学生が祝太鼓を披露

 


地元中学生も祝太鼓で開山を祝いました
2017/4/25
抜けるような青空のもと、南アルプス林道バスの運行が再開され、
標高1680mの歌宿までが開通しました。
開山式では登山者の安全を祈願し神事が執り行われ、地元 長谷中学校の3年生の生徒さんが「祝太鼓」を披露してくれました。

公開日2017/04/26・更新日2017/05/24
伊那市観光協会

伊那に来たらお土産にいかがですか?

伊那市のお土産に新しい仲間が!
2017/3/29
伊那市観光協会では「伊那らしさ」「安心安全」にこだわった一品を推奨みやげ品として認定しています。
半年に一度行われる審査会で今回新たに3業者4品目が仲間に加わりました。(写真向かって右から)
上伊那農民組合産直センター:白毛餅(餅)
菓匠Shimizu:ティグレ、ショコラディーナ(洋菓子)
カモシカシードル醸造所:ラ ドゥージィエムセゾン辛口(シードル)

公開日2017/03/30
伊那市観光協会

そばの旅人
i-na movies In Quest of Soba

  • English

行きたいな!観たいな!
食べたいな!伊那市へ!
Guidance Video

  • 日本語
  • English
  • 中文
    (簡体)
  • 中文
    (繁体)