みどころ 西駒登山

中央アルプス北部の山岳

1951年(昭和26年)県立公園指定。
長野県最大の県立(自然)公園である中央アルプスは、南北65km、東西15kmの 広大な山岳地帯です。主峰の駒ヶ岳(2956m)を中心に3千メートル級の高峰が連なり、 急峻な花崗岩の山肌は、いたる所で滝をつくり、やがて渓谷となって天竜川・木曽川 に注ぎます。
氷河期の面影を残すカールには豊富な高山植物のお花畑が出来、 稜線を覆う緑のハイマツとの見事なコントラストを見せます。
高山には珍しく池(濃ヶ池・駒飼の池) もあるなど、変化に富んだ36峰8千渓(といわれている)の大自然です。

 

西駒ヶ岳(木曽駒ヶ岳) 2,956m 将棊頭山 2,730m
日本百名山の一つ、中央アルプスの主峰で、頂上から様々な山が一望できます。初夏に中岳の東斜面に現れる駒形がその名の由来となっており、全国に数ある雪形の中でも類を見ないほどの傑作です。 中央アルプス連峰の北端に近い位置にあり、将棋の駒に似ていることからその名がつけられました。付近には天水岩、行者岩、遭難記念碑、濃ヶ池など、見るべき物が たくさんあります。
経ヶ岳 2,296m 茶臼山 2,652m
中央アルプス連峰の最北端に位置する山。信仰の山ともいわれ、山容がゆるやかで、地元の強歩大会などでも親しまれています。 木曽駒ヶ岳の北東に位置し、木曽駒ヶ岳を眺めるには最高のポイントです。沢登りの山として有名です。
宝剣岳 2,931m
千畳敷カールから大変広い岩峰として展望できます。このカール付近には花畑が広がります。

公開日2013/07/16
伊那市観光協会

そばの旅人
i-na movies In Quest of Soba

  • English

行きたいな!観たいな!
食べたいな!伊那市へ!
Guidance Video

  • 日本語
  • English
  • 中文
    (簡体)
  • 中文
    (繁体)