表示結果

お食事

信州そば

 信州そば 「信州そば発祥の地伊那」ロゴ_カラー縦
English page Download
 荒井区内の萱は「信州そば発祥の地」の伝説を残し、秘伝の味「行者(ギョウジャ)そば」が今に伝えられています。
奈良時代の初め、修験道の開祖役小角は修業のため信州に入り、小黒川をさかのぼって駒ヶ岳を目指しました。
途中、内の萱で村人たちに温かくもてなされた役小角は、お礼として蕎麦の実を置いていきました。
村人たちはこのそばを大切に育て、信州全体に広めたのです。
 江戸時代の初め、高遠の殿様はことのほかそばが好きで「辛つゆ(大根おろしの汁に焼味噌を入れたつゆ)」で食べる内の萱の「行者そば」が大好物でした。それを聞いた近郷近在の人々は行者そばを食べようと内の萱におしかけ、大変な評判になってしまいました。
 人々の求めに応じ切れなくなった内の萱では「西駒登山を修める者以外行者そばを食べることはできない」とし、
以後、行者そばは秘伝の味となりましたが、今ではいつでも内の萱で、また毎年 10月下旬に開かれる「行者そばまつり」で味わうことができます。
 信州そば発祥の地・伊那市には手打ちそばのおいしい店が多く、各店に「辛つゆそば」「十割そば」があります。
一度ご賞味下さい。
 高遠そばは、町内の飲食店関係者でつくる「高遠そばの会」のメンバーを中心に復活されました。
行者そばと同様に、麺つゆに辛味大根のおろしと焼き味噌を混ぜた「辛つゆ」に麺をつけて食べる、
いわゆる「辛つゆそば」と言われています。「高遠そば」と書かれた青い幟のお店で食べることができます。

ローメン

 マトンの肉と蒸した堅めの中華麺を独特のスープでキャベツなどと共に煮込んだローメンは、
地元のみならず伊那市を訪れる学生やビジネスマン・観光客からも好評をいただいている、
伊那市で古くから愛されている「ご当地グルメ」です。
 名前の由来は、最初は炒肉麺(チャーローメン)といっていましたが、いつのまにか「炒」の文字が消え、
折しも「ラーメン」ブームもあり「ローメン」となったようです。
 特長は蒸した麺とマトンとにんにくの渾然一体となった奥深い香り。麺は薄茶色で独特の香ばしさがあります。
 現在、伊那市を中心に「ローメン」の看板を掲げている店は約90軒あるといわれ、スープ風・焼そば風等、
店によってバリエーションが楽しめるのがローメンの最大の魅力です。
 また、家でもお手軽にローメンが食べられるように冷凍やインスタントのローメンが製造されるようになり、
みはらしファーム・市内のスーパー食料品店・中央道のサービスエリア等で販売されています。
 最近では東京都内や埼玉県内でもローメンを提供している店もあります。

ソースかつ丼

「かつ丼」に「ソースかつ丼」と「卵とじかつ丼」の2種類があることをご存知でしょうか。
ご当地伊那では、食堂でかつ丼というと「ソースかつ丼」の店が多く、
伊那のソースかつ丼は、ほかほかのご飯の上にシャキシャキのキャベツの千切りをのせ、
その上に各お店秘伝の特製ソースのタレにくぐらせた、
ボリューム満点の揚げたてのとんかつを盛り付けて出来上がりです。
 丼ぶりのふたを開けた時、特製ソースの香りが食欲をそそります。
 伊那伝統の味「ソースかつ丼」は、昭和21年に伊那町の中心市街地に開業した
飲食店の店主が始めたソースかつ丼(愛称「ひげのとんかつ」で当時有名)が人気となり、
伊那地域に広まって「伊那名物ソースかつ丼」として今日に至っています。
元祖とも云えるこのお店は、現在2代目の店主が伝統の味を守っています。
 ソースかつ丼のルーツは、大正時代早稲田大学の学生が早稲田鶴巻町にあった
「ヨーロッパ軒」(現在は福井市内にて営業)で、丼ぶりご飯の上にカツをのせ
ソースをかけたのが始まりといわれています。

スイーツ

スイーツ
高遠藩主の御用菓子として天正年間から伝わる伝統の「高遠まん頭」をはじめ、
和菓子も洋菓子も、伊那市ならではの季節感あふれるおいしい銘菓があります。
またデザートが魅力の飲食店、居心地の良いカフェなど、
伊那市にきたらぜひ立ち寄りたい人気のスイーツ店をご紹介します。

馬肉料理

 馬刺し、おたぐり2
定番の馬刺し・おたぐり
 伊那谷では昔から馬肉料理に親しんでいました。
信州で馬肉を食べる習慣は伊那がはじまりで、中でも「馬刺」と「おたぐり」が代表的です。
◆馬刺は、おろししょうがと醤油で食べる刺身。とろっとした舌触りは、一度食べたら忘れられないおいしさです。
◆「おたぐり」は、馬のモツを味噌でじっくりと煮込んだ料理で、辛党にはこたえられない味わいです。
  酒のつまみとして、市内の多くの居酒屋で出してもらえるほか、各家庭で独特の味を伝えている郷土料理です。
「おたぐり」の名は一説に、長い腸の中身を絞り出すためにたぐっていく動作からといわれています。
最近は馬のモツが入手しにくくなり、豚のモツでも作られます。

三大珍味

伊那では古くから様々な物を食してきました。 中でもざざ虫、伊那子、蜂の子は伊那の三大珍味です。
ざざ虫は天竜川の浅瀬に住むカワゲラ、カワトビケラなどの幼虫です。 12月から2月まで、四つ手網を用いて行うざざ虫漁は天竜川の冬の風物詩です。
伊那子(いなご)は秋。つい最近までは、実った稲田の畦に袋を手にしたイナゴ取りの子供たちが見られたものでした。
蜂の子は夏から初秋にかけて大きくなった蜂の巣を捜す「スガレ追い」の後おいしい蜂の子を口にする、 伊那の人々の一挙両得の楽しみといえます。
どれもいったん味を覚えると、酒の肴によし、ご飯のおかずによしの忘れられない味となります。

伝統食

 五平餅作り
かつて伊那谷を中心に広く栽培されていた羽広菜ですが、 近年「羽広菜生産加工組合」ができ「羽広菜のかぶ漬」を中心に伝統的漬物の販売が始まりました。羽広かぶはやわらかく甘みがあり、 しゃきっとした歯ざわりで、酒粕・味噌・砂糖・塩などで昔ながらの味においしく漬け込まれています。「七色漬」は七種類の野菜の漬物を、勘太郎月夜唄の「伊那は七谷…」 にちなんで命名したもの。
「行者にんにく」は昔々、修験道を極める行者がその精力を強め、神通力を得るために食したという山の中の不思議な植物です。最近横山地区に生産組合ができ、人工栽培の研究が進んでいます。行者が食べた不思議な山菜が、山の中に分け入らずとも入手できるようになりそうです。その他、きのこ・山菜なども豊富で、季節になると各地の農産物直売所で手に入れることができます。

世界に通用する日本一のMTBフィールドを運営する「マーシー」


2020/7/22
TRAIL CUTTER 代表 名取将(なとりまさし)さん
~世界に通用するMTBトレイルコースを運営~

「マウンテンバイク(MTB)の魅力は
自分でコントロールできるジェットコースター」
そんな一言でその魅力を語る名取さんは
伊那市長谷にフィールドをもちMTBガイドツアーなどを運営する【TRAIL CUTTER】代表。
穏やかな笑顔と語り口からは、MTBへの愛と地域への感謝があふれます。

伊那市の隣町 富士見町の出身。
幼少期から自然のなかで自転車に乗ることは「当たり前」。
レースに出場するなどマウンテンバイクに夢中になった青春時代を過ごし、
11年前に伊那市に移住しました。

楽しい山がある長谷地区でフィールドを造成しはじめたのは6年前。
いまでは日本一 ’デカい’ 全長80㎞というロングトレイルコースを実現し、まだまだ拡大計画中。
彼と仲間がつくる多彩なコースは、どんなレベルのライダーにも寄り添い、
MTBでなければ見られない景色をみせてくれます。
またこの春には【みはらしファーム】内に新たに【C.A.B.トレイル】をオープン。
「初心者にも気軽にMTBに触れてもらい、自然の中で走る楽しさを知ってほしい。」…
想いも広がります。

コースの特徴的な「たてうねり」は、
実は名取さんが日本で初めてコース造成したもの。
「フロートレイル」とよばれ、世界のライダーたちもその魅力を大絶賛。
【TRAIL CUTTER】を指名して来日するライダーもいるんだとか。

「自転車が走れる場所を守りたい」との想いがあり、
なにより地域との関係性を大切に考えている名取さん。
MTB専用のコースを整備することで自然環境や森を守り、登山者との事故も回避します。
持続可能な事業として雇用をつくるなど、
地域に恩返しをしていきたいと、夢を語ってくれました。


日本にはMTBトレイルの成功例がまだ少なく、その先駆けになれれば、との野望も。
魅力あふれる長谷の地で、ニュージーランドやカナダに匹敵する
日本一のフィールドを提供する「マーシー」(愛称)です。
:

*長谷地区でのMTBはツアーガイド付き専用コースです。ガイドが同行しないライドは許可されません。
*【C.A.B.トレイル】は初心者でもレンタルバイクで楽しめます。
*長野県観光クーポン「お出かけ割」利用可能です。

*TRAIL CUTTER 公式ホームページ
*TRAIL CUTTER 公式Facebook   

 

石仏探訪まっぷ(高遠城下)

高遠城下 石仏探訪 おススメ散策コース

「高遠石工」石仏の参拝はまず高遠町西高遠にある建福寺から。
石仏師ともいわれる名工 守屋貞治の力作が出迎えてくれます。

春の桜、秋のもみじとともに。
建福寺を中心に古刹をめぐり、
歴史と文化のまち高遠の城下町を散策してみませんか。

高遠石仏巡礼 4~6時間 1.~12.の石仏ポイントを徒歩で散策(順不同)
西高遠エリア 1時間 1.~4.を徒歩で散策 高遠町図書館駐車場に駐車
西高遠+的場エリア 2時間 1.~6.を徒歩で散策 高遠町図書館駐車場に駐車
東高遠エリア 1時間30分 7.と8.を徒歩で散策 高遠城址公園駐車場に駐車
勝間エリア 2時間 9.~12.を徒歩で散策 ほりでぃパーク駐車場に駐車

 

1.相頓寺跡 ~地域に守られる延命地蔵菩薩~

西高遠の諸町にある延命地蔵菩薩。
頭巾や前掛けを交換するなど、地元の方々に大切に守られています。
また六角観音供養塔は、均整がとれた壮大な作品として評価されています。

【道案内】
①ジェイアールバス関東高遠駅から鉾持神社方面へ歩く。
鉾持神社に突き当たったら左折。
②150m(2分)歩き、左手にある≪蟻屋書房≫を目印に右折。
③坂道を少し上ると左手に延命地蔵菩薩がある。
【駐車場】
・商店街無料駐車場(450m6分)
・高遠町文化センター駐車場
【看板/説明書き】
六角観音供養塔の説明書き有り
【安置されている石仏】
延命地蔵尊、庚申塔、芭蕉句碑、南無阿弥陀仏、六角観音供養塔

 

2.建福寺 ~「高遠石工」石仏巡礼の聖地~

高遠石工による芸術性の高い石仏が多数安置されており見ごたえのある名所。
石仏巡礼の聖地とよばれ石仏参拝の代表的な場所です。

守屋貞治作の西国三十三所観世音菩薩、願王地蔵尊、
また貞治の弟子 渋谷藤兵衛作の楊柳観音菩薩や、仏足石などが状態良く安置されています。

【駐車場】
・商店街無料駐車場より(50m1分)
・高遠町文化センター駐車場
【看板/説明書き】 あり
【安置されている石仏】
*守屋貞治作:西国三十三観音、六地蔵、延命地蔵、佉羅陀山地蔵、願王地蔵、聖観音菩薩
*渋谷藤兵衛作:楊柳観音、仏足石その他:不動明王、秋葉大権現、地蔵(首欠け)、甲子塔、馬頭観音、庚申塔、如意輪観音、石碑多数

 

3.二十二夜様 ~女性の願掛け信仰の場~

二十二夜様は、月待信仰の行事をする神様です。
この場所では、かつて「お立待ち」いう願掛けが行われており、
東の月蔵山に月が出るまで座らずに立って願いをする慣わしがありました。
守屋貞治作の延命地蔵菩薩も安置されています。

【駐車場】 商店街無料駐車場より(50m1分)
【看板/説明書き】 あり
【安置されている石仏】
延命地蔵菩薩(守屋貞治)、如意輪観音、二十二夜様、庚申塔、甲子塔

 

4.弁天岩 ~洪水から人々を守る~

伊那谷を流れる天竜川はかつて「あばれ天竜」とよばれ、
江戸時代には3年に1度の頻度で洪水に見舞われました。
そんな暴れ天竜の元凶である三峰川を鎮めるためこの場所に弁財天がまつられたといわれています。

またその昔、この付近から採れた「城下の青石」は石工に珍重され石仏に加工されました。
弁天岩の全景を拝むのは、弁天橋がお勧めです。

【駐車場】
・商店街無料駐車場より600m(8分)
・高遠町図書館駐車場より600(8分)
【看板/説明書き】     なし
【安置されている石仏】
弁天岩(石仏ではない)

 

5.香福寺 ~最古の創建 趣ある古刹~

伊那地方で最も古く創建されたといわれるお寺で、参道から境内まで多数の石仏が安置され、
秋には見事なもみじのなかで石仏が出迎えてくれます。
入口の地蔵堂には、咳を止めるという言い伝えが残る咳の地蔵尊(向山重左エ門作)が安置されています。

また、本堂の東側にある宝篋印塔は享保七年(1722)に高遠石工によって建てられ、
均整のとれた荘厳な趣のある塔からは技術に高さがうかがえます。

【駐車場】
・香福寺に駐車スペースあり
・高遠町文化センター駐車場(650m8分)
【看板/説明書き】 あり(咳の地蔵尊と香福寺)
【安置されている石仏】
*参道:咳の六地蔵(向山重左エ門)地蔵菩薩、六地蔵、観音菩薩、庚申塔、二十三夜塔
*境内:弘法大使(立像)、弘法大使(文字)、不動明王、宝篋印塔

 

6.的場の十王仏 ~苔むす小さな石仏たち~

閻魔大王などの十王信仰の石仏が10体と
奪衣婆や人頭杖など、多数の石仏が苔むした状態で安置されています。
金柵で触れないよう保護されているが、高遠城下で十王仏が見れる珍しい場所です。

【道案内】
高遠中学校バス停から藤沢・茅野方面へ350m4分ほど進む。
左手にある坂道を上り小高い広場の一角に十王仏が安置されている。
【駐車場】
駐車スペースはあるが入口が狭いので要注意。
高遠町図書館駐車場(1.4km14分)
【看板/説明書き】 なし
【安置されている石仏】
十王仏、奪衣婆、人頭杖、その他多数の石造物

 

7. 桂泉院 ~石仏を静かに参拝できる名刹~

桂泉院は高遠城址を見下ろす高台にあり、境内に祀られた石仏を参拝することができる名刹です。

守屋貞治作の准胝観音菩薩、延命地蔵、聖観音菩薩、
弟子の渋谷藤兵衛作の如意輪観音、要戒和尚入塔墳などの芸術性の溢れた石仏が多数安置されています。

【駐車場】
・桂泉院にも数台の駐車スペースはあるが道が狭いために高遠城址公園駐車場に駐車することをお勧め。
・高遠城址公園Pから800m(徒歩12分)

 

【看板/説明書き】 あり
【安置されている石仏】
准胝観音菩薩、延命地蔵、聖観音菩薩(守屋貞治作)
如意輪観音、要戒和尚入塔墳(渋谷藤兵衛作)
武田信虎の墓、塚原卜傳之碑
石灯籠、庚申塔、大乗妙典塔、その他多数

 

8. 峰山寺 ~高遠藩主 鳥居家の菩提寺~

高遠藩主鳥居家の菩提寺である峰山寺には、聖観音、地蔵菩薩、昭和期作の仁王像などがあり、裏手の墓地にも野ざらしの石仏が多く見られます。
また裏手墓地にある巨大な五輪塔は、高遠藩主の鳥居家のものと伝えられています。

【駐車場】
・峰山寺にも数台の駐車スペースはあるが、高遠城址公園駐車場に駐車することをお勧め。
・高遠城址公園Pから900m(徒歩13分)
【看板/説明書き】 峰山寺の説明書きはあり
【安置されている石仏】
仁王像、聖観音、地蔵菩薩、
高遠藩主鳥居家の墓や、阪本天山、中村元恒の墓
その他、多数の石造物あり

 

9.  勝間の薬師堂 ~しだれ桜の薬師堂~

勝間薬師堂は春には樹齢140年のしだれ桜が見事に咲き誇る桜の名所。
みはらしの良い境内には石仏や石造物がそっと安置されています。

【駐車場】
ほりでいパーク駐車場800m(徒歩5分)
【看板/説明書き】 薬師堂の説明看板あり
【安置されている石仏】
馬頭観音(文字、舟形光背)、石祠(中に太子像)
僧形坐像、如意輪観音

 

10.龍勝寺入口石仏群 ~里山の風景と古民家を背景に~

享保10年(1725)の庚申塔は、青面金剛と二鶏三猿を浮き彫りにし、脚下には悪鬼を踏んでいます。
その他、周辺には多くの石造物が安置されています。

【道案内】
ほりでいパークに駐車後、龍勝寺の案内表記に従ってに進む。
赤い屋根の古民家が「高遠民泊よしよし」。
石柱が立っており、その下に石仏が多数安置。
【駐車場】
ほりでいパーク駐車場850m(徒歩10分)
【看板/説明書き】 なし
【安置されている石仏】
庚申塔(青面金剛)、如意輪観音、馬頭観音、地蔵菩薩
その他多数の石造物

 

11.龍勝寺 ~苔むす古刹にたたずむ江戸中期の石仏~

古い参道にある享保12年(1727年)作と伝わる観世音菩薩をはじめ、維摩居士、延命地蔵、聖観音、石塔など多数の石仏が安置されています。
参道は綺麗に苔むしており、また巨大な樹が魅力的。

【駐車場】
ほりでいパーク駐車場2.4㎞(徒歩30分)
龍勝寺に大きな駐車場あり
【看板/説明書き】
龍勝寺の説明看板あり。石仏の説明看板なし。
【安置されている石仏】
山門:観世音菩薩、聖観音
境内:延命地蔵菩薩、観世音菩薩、維摩居士、五輪塔、宝篋印塔
その他多数の石造物がある

 

12. 勝間の大聖不動明王 ~貞治仏最高傑作のひとつ~

三峰川の氾濫を抑える為に安置された守屋貞治の代表作のひとつ。
常盤橋のたもとに座して、厄災から人びとを守っています。
激流を見下ろす崖の上にあり大変危険なのでガードレール内は立ち入り禁止です。

【道案内】
ほりでいパークに駐車後、長谷方面に向かって152号を進んでいく。
大明神釣りセンター手前の常盤橋のたもとに安置されている。
【駐車場】
ほりでいパーク駐車場1.6㎞(徒歩20分)
路上駐車は危険なのでご遠慮ください。
【看板/説明書き】
説明看板あり。
【安置されている石仏】
大聖不動明王(守屋貞治作)

 

あわせて楽しみたい「高遠藤沢谷石仏探訪」はこちらから

山荘ミルクではバラが見ごろ


2020/6/18
「山荘ミルク」ではバラが見ごろです
~標高1000mでさわやかな風が吹きとおる場所~
伊那市横山風の谷にある「山荘ミルク」では
敷地内にあるバラが見ごろを迎えています。
標高1000mにあり、さわやかな風が吹きとおる「風の谷」。
中央アルプスの緑を背景に、

「バレリーナ」「サマースノー」などツルバラやシュラブ系のバラ約600株が咲き誇ります。

玄関横には「ピエール・ドゥ・ロンサール」のアーチが出迎え。
外のテラス席では、風が運ぶバラの香りを楽しみながらのお食事が楽しめます。
季節の野菜や素材にこだわったカラダに優しいランチや、
無農薬有機栽培、中央アルプスの伏流水でいれたコーヒーも絶品です。

併設のドッグランでは、自然の中でワンちゃんを思い切り走らせ遊ばせることができる広いエリアも。
ワンちゃんと一緒に食事やドリンクをとれるドッグカフェも人気。

このあとバラは7月中旬頃までは楽しめそう。
緑につつまれ、ゆっくり時を過ごすと
日頃の疲れが自然に癒されるよう。
ソーシャルディスタンスを保ちながら、心をゆるやかにしてみませんか。

*山荘ミルク
長野県伊那市横山風の谷9749
http://milk-co.jp/

0601:バラが咲き始めています


2020.6.1
市内では、地域の方々が丹精に育ててきたバラが咲き始め、
通りを彩ります。
また高遠「しんわの丘ローズガーデン」でも
バラが咲き始めました。
今年は新型コロナの影響によりバラ祭りは中止。
予定されていた「ばらサミット」も開催中止となりました。

 

 

 

石仏探訪まっぷ(藤沢谷)

藤沢谷と高遠石工

伊那市高遠町から茅野市へと続く杖突街道(国道152号)は藤沢谷とよばれ
古くは甲州や江戸と伊那谷とを結ぶ主要街道でした。
いまでも街道沿いには宿場町の名残があり、田畑や山川の風景とあいまって伊那市随一の風光明媚な街道です。

またこの高遠町藤沢谷は山に囲まれた地形で、
広い耕作地を確保することが難しく、農業だけでは生活が困窮したことから
次男以降の男子の多くは石工となり生計を立てていました。

稀代の名工 守屋貞治も長藤地区の塩供でうまれ、父 祖父ともに代々石工として活躍しました。

農民の生活と民間信仰のなかで多くの石工を育み「石工のふるさと」とも呼ばれる藤沢谷。
ひなびた農村風景のなかで小さな石仏に出会う旅です。

1.板山の道祖神と馬頭観音

愛嬌ある表情の石仏が3体と庚申塔などの石造物が安置されています。
四季折々の農村風景が石仏の背景として広がり、人気のフォトスポットです。

①高遠方面から
板山橋を超えて右折
②緩い坂道を直進する 道祖神と馬頭観音
【道案内】
①高遠方面から板山橋を超えてすぐを右折。七面亭の看板が目印。
②細い緩やかな坂を130mぐらい直進で登ると石仏がある。
【駐車場】
高遠町老人福祉センター駐車場から(1km12分)
・板山露頭駐車場あり(650m8分)
【バス停】
栗巾
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
双体道祖神、馬頭観音、庚申塔、帝釈天王

 

2.指月庵(護摩堂)の地蔵菩薩

様々な姿をした地蔵菩薩、如意輪観音、聖観音、月待塔、庚申塔、蚕玉大神など石造物が安置されています。

①関屋橋バス停手前を左折 直進 ②集落の十字路を直進 ③坂 頂上を左折
④細い坂道を昇る
【道案内】
①高遠方面から進み≪関屋橋バス停≫横の関屋橋を渡り直進する。
②集落の十字路を直線して坂道を登る。
③坂道を上まで登ると左手に折り返す道がある。
④その先に集会所があり、その奥が護摩堂の石仏がある。
【駐車場】
・高遠町老人福祉センター駐車場から(500m6分)
【バス停】
関屋橋
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
地蔵菩薩、如意輪観音、聖観音菩薩、罔象女神(みつはのめがみ)、二十二夜様、蚕玉大神、庚申塔、甲子塔、石幢

 

3.昌福寺の十王仏

ユニークな表情をした十王仏、奪衣婆、人頭杖が寺の露天に並び、
地蔵菩薩や観音菩薩も優しい表情で安置されています。

①JA長藤手前を折り返す ②水路脇 坂道を進む ③鹿の電柵に注意
【道案内】
高遠町老人福祉センターから152号を北へ150mほど進む。
①JA長藤の建物までは行かず、手前(フェンスが切れる箇所)を折返すように入る。
(もしくは10段ほどの階段を登る)
②しばらく進み、民家の切れ目を左折し、水路脇の道を進む。
③小さな橋と鹿の電柵があるのでそこから昌福寺に入る。(電柵にふれないよう注意)
【駐車場】
・高遠町老人福祉センター駐車場から(500m6分)
【バス停】
健老橋・長藤
【看板/説明書き】
お寺の説明書きあり
【安置されている石仏】
十王仏、人頭杖、奪衣婆、地蔵尊、観音菩薩、二十三夜塔、馬頭観音、逆修供養塔、大乗妙典、南無阿弥陀仏、殉国奉霊殿

 

4.花文字道祖神

上から≪道・祖・神≫と彫られていて遊び心あふれる珍しい装飾文字の道祖神です。
隣にある青面金剛が刻まれた庚申塔も見事。
その他にも多くの石仏・石造物が安置されています。

 

①「塩供」看板を左折 ②坂をのぼり左手 花文字
【道案内】
①杖突街道の緑色の塩供を看板を目印にし、その手前を左に曲がり坂を下って集落へ入る。
②途中で橋があり、橋を越えて坂を登ると左手に集会所跡がありそこに安置されている。
または、
③塩供のバス停から高遠町方面へ行き、50mほど行き右折。
④坂を下り道なりに進んでいくと右手に塩供の公民館がありがそのまま直進。
分かれ道を左に曲がり100mほどで右手に集会所跡がある。
【駐車場】
・塩供公民館駐車スペースあり(200m 2分)
高遠町老人福祉センター駐車場から(1.4km20分)
・農村公園駐車場から(650m8分)
【バス停】
塩供
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
花文字の道祖神、庚申塔(青面金剛)、庚申塔
地蔵尊、馬頭観音、甲子塔、南無妙法蓮華経供養塔  その他、多数の石造物を安置

 

5.八幡神社の馬頭観音

数多くの馬頭観音が安置されていますが、
他ではあまり見られない珍しい馬の姿が彫られたものが1つだけ安置されています。

①渡沢橋バス停 手前左 ②石仏群を左折
【道案内】
①長藤郵便局から渡沢橋バス停方面に進み、バス停の手前の道を斜め左にに入る。
②50mほど進むと左手に石仏群があり、その角を左折する。
③しばらく歩くと右手に八幡神社にでる。鳥居の左手坂の下に馬が彫られた馬頭観音がある
【駐車場】
・八幡神社にも駐車スペースはあるが道がかなり狭いのでお勧めできない。
・台殿公民館駐車スペースあり(500m 5分)
・農村公園(3.2km40分)
・高遠町老人福祉センター(4.0km50分)
・藤沢トレーニングセンター(3.4km40分)
【バス停】
渡沢橋
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
双頭馬頭観音、馬頭観音、庚申塔、道祖神、甲子塔
石灯籠、石祠、石塔婆、陽石、南無妙法蓮華経

 

6.伊那谷最古の庚申塔

明暦2年(1656)に造られた伊那谷最古の庚申塔。
360年以上の歴史があり、北原の集落に静かに安置されています。

十字路の先 右折 ①渡沢橋バス停から北100m 十字路右折 ②右折後 前方に庚申塔
【道案内】
①渡沢橋のバス停、渡沢橋を渡り北へ100m進む。
②左に1本、右に2本の曲がる道があるので右に進むと庚申塔が見える。
【駐車場】
・台殿公民館駐車スペースあり(700m 7分)
・北原生活改善センター駐車スペースあり(300m 3分)
・農村公園(3.3km40分)
・高遠町老人福祉センター(4.0km46分)
・藤沢トレーニングセンター(3.3km43分)
【バス停】
渡沢橋
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
庚申塔、道祖神、南無妙法蓮華経

 

7.法華堂跡の夫婦像

廃庵に僧形、尼形の2体が台座もない状態で土の上に座しています。
野ざらしで、分かりにくい場所に安置されていますが心惹かれる石仏です。

①北原改善センター横 細い道を50m進む ②法華堂跡
【道案内】
①北原生活改善センター横の道を北へ進み、右手に小さな畑が出てくる。
②畑の脇道の先に廃庵が見えそこに石仏がある。
【駐車場】
・北原生活改善センターの駐車スペースあり(100m1分)
・農村公園(3.6km47分)
・高遠町老人福祉センター(4.4km57分)
・藤沢トレーニングセンター(3.0km34分)
【バス停】
北原
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
夫婦像、南無妙法蓮華経、奉唱満玄名五千部成就処

 

8.貴船神社北三叉路の観音菩薩

丸みを帯びた優しく女性的な観音菩薩が安置され、
三又路の向かいには「江戸」への道しるべもあります。
また近くの貴船神社には、石鳥居や石灯籠など高遠石工の作品が多数残されています。

貴船神社
【道案内】
①高遠第二第三保育園の前の道を北に進むと貴船神社があり、その先の三叉路に石仏が安置されている。
②藤沢派出所の裏手あたりに貴船神社がある。
【駐車場】
・荒町公民館にも駐車スペースあり
・藤沢トレーニングセンター(2.4km27分)
【バス停】
荒町、宮下口
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
観音菩薩、馬頭観音(角柱、自然石、石祠)、道祖神、江戸への道しるべ

 

9.水上遊園地の地蔵菩薩

延命地蔵菩薩が数体あり、石灯篭にも地蔵菩薩が彫刻されています。
遊園地内には庚申塔、甲子塔なども安置されています。

【道案内】
①国道152号から橋を渡り水上集落に入る。 ≪マップをご参考ください。≫
【駐車場】
・水上公民館駐車スペースあり(100m 1分)
・荒町公民館駐車スペースも可
・藤沢トレーニングセンター(2.2km25分)
【バス停】
宮下口、水上
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
延命地蔵菩薩、石灯籠、庚申塔、甲子塔
千日供養塔、大乗妙典納経供養、南無阿弥陀仏・百番供養塔

 

10.瑠璃殿の延命地蔵菩薩

尼僧の姿をした優しい姿の延命地蔵菩薩が安置されています。
瑠璃殿の裏には土や草に埋もれた状態の石仏も多数あります。

【道案内】
①国道152号から水上集落に入る。 ≪マップをご参考ください。≫
【駐車場】
・水上公民館駐車スペースあり(500m 5分)
・藤沢トレーニングセンター(25分2.2km)
【バス停】
水上
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
尼増の地蔵菩薩、地蔵菩薩、聖観音菩薩(首欠け)、裏のお墓にも多くの石仏あり。

 

11.諏訪神社の庚申塔群

版碑に日月、上半身裸の青面金剛と二鶏三猿を刻むのは延宝8年(1680年)に作られた古い様式の庚申塔です。諏訪神社前、そして境内にも数多くの石仏が野ざらしで安置されています。

【道案内】
①国道152号から国立少年自然の家、千代田湖の案内板を参考に曲がると直ぐ左手に諏訪神社がある。
②鳥居の左の石仏群の中に、上半身裸の青面金剛が刻まれた庚申塔がある。
【駐車場】
・諏訪神社内に狭いが1台分の駐車スペースあり
・藤沢トレーニングセンター(900m11分)
【バス停】
藤沢伊那
【看板/説明書き】
なし
【安置されている石仏】
庚申塔、甲子塔、馬頭観音、その他多数

バス停のご案内

藤沢谷へはジェイアールバス関東〔高遠駅〕から藤沢・茅野線のバスが出ています。
バス本数が少ないため事前に運行ダイヤをご確認のうえおでかけください。
バス時刻表(伊那市役所HP)はこちらから

 

自転車散策のご案内

藤沢谷の街道沿いにある石仏は農村のなかに点在しています。
四季折々の農村風景のなかで出会う石仏たち。
自転車でめぐってみませんか。

全石仏ポイントを自転車でめぐる場合:およそ3時間(参考)
直線距離9㎞ 標高差177m
*自転車での走行は事故に充分ご注意ください。

あわせて楽しみたい「高遠城下石仏探訪」はこちらから

おうちでいなを楽しもう

~コロナに負けるな!地域応援企画~
おうちでいなを楽しもう

新型コロナウィルスの影響により、
在宅での飲食を楽しむ方が増えています。

そこで伊那市でお取り寄せができる銘菓やご当地グルメのほか
デリバリー、テイクアウトが可能な飲食店の情報をまとめました。

伊那市自慢の味をご自宅で。
食べて地域を応援します!

≪店舗掲載 随時更新中です

*お取り寄せ、デリバリーの対応可能なメニューなど
詳しくは各店舗へお問い合わせください。
*テイクアウトの場合は混雑を避け、感染予防にご配慮のうえご来店ください。

 

店舗一覧(菓子、みやげ) 

店舗名
【クリックするとお店HPへリンク】
☎(0265) お店PR&住所 営業時間
*コロナ対応のため変動する場合あり
お取り寄せ
OK
テイクアウトOK デリバリ―OK
菓匠Shimizu 72-2915  〒396-0006伊那市上牧6608 10:00~18:00
毎火曜& 不定休
菓子庵石川 72-2135 昔もいまも。変わらない味。あの ’ちいずくっきい’をおうちで楽しもう
〒396-0025伊那市荒井11
10:00~18:00
定休日なし
ハナマルキ特選便 0120-870-244 ハナマルキ株式会社の公式通販サイト。こだわって製造した味噌や即席みそ汁をぜひご家庭で。 10:00~16:00

土日祝日

サンタベリーガーデン 74-5620 自家農園で栽培されたベリーをジャムに加工。国内産無添加ラズベリージャムが人気。
〒399-4501伊那市西箕輪7720-1
11:00~17:00

水曜日

バウムクーヘン木輪舎
≪HPなし≫
98-7229 バウムクーヘン専門店。昔ながらのクラシックな製法で作るので、しっとりくちどけが優しい。
ネット販売はないが郵送希望は☎で対応します。
〒396-0015伊那市中央4846オリエンタルプレイス1F.C
13:00~19:00
☎は朝9時から対応可
☎対応
香房夢庵 72-8083 信州発、山ざくらの薫煙をたっぷり含んだスモークチーズです。燻製の味お好みで選べる2つの食感。(赤ラベル:やわらかめ 黒ラベル:かため)
〒399-4431伊那市西春近9244-1
年中無休
ご注文はメールで→kanou@janis.or.jp

 

 

店舗一覧(いなグルメ) 

店舗名
【クリックするとお店HPへリンク】
☎(0265) お店PR&住所 営業時間
*コロナ対応のため変動する場合あり
お取り寄せ
OK
テイクアウトOK デリバリ―OK
ラーメン大学伊那インター店 72-4696 伊那名物「ローメン」を日本全国へ!クール便にてお送りします。
「いなかっぷローメン」伊那市の推奨みやげ品です。
〒396-0021伊那市御園663
11:00~19:00

木曜、
第1&第3水曜

みのやさくら亭 73-2253 おうちで簡単に’信州そば’をたのしみませんか?伊那谷・西箕輪産のそば粉を使用した細打ち二八蕎麦です。
〒399-4501伊那市西箕輪6866-16
11:30~20:00

無休

生そば
そば茶


丼もの
生そば
お食事処
みすゞ 
94-2311 城下町高遠にある老舗のお食事処。テイクアウトメニューはスペシャルランチ、海鮮ちらし丼など多数。詳しくはお電話で…。
〒396-0211高遠町西高遠1701
10:30~14:00
16:30~17:30
不定休(水曜が多い)
サンタベリーガーデン 74-5620 季節の花々がさくオープンガーデンでランチを楽しめるカフェ。感染予防対応のためテイクアウトを始めました。
パスタ、バケットセット、ドリンクセットあり。
〒399-4501伊那市西箕輪7720-1
11:00~17:00

水曜日

竹松旅館
≪HPなし≫
94-2113 手作りのお弁当、折、オードブルなど。肉じゃが、ひじきの煮物などおふくろの味のお惣菜も。予約必要です。
ご注文は2日前までにお電話で。
〒396-0211高遠町西高遠1691-1
10:00~18:00
高烏谷鉱泉 73-3558 お弁当を宅配できます。
詳しくはお問い合わせください
〒396-0621伊那市富県9000
不定休
割烹だるまや
≪HPなし≫
94-2106 丼もの、うどん、そば、弁当(予約)できます。
配達は地区に制限があります。ご相談ください。
〒396-0211高遠町西高遠1692
11:00~19:00
水曜日
和風レストラン
鍋辰
≪HPなし≫
78-6565 鍋辰自慢のしゃぶしゃぶ&すき焼き用のお肉をご家庭でも楽しめます。
★遠方には発送可能。
定食、丼ものはテイクアウト可。
事前にご連絡の上ご来店を。
〒396-0015伊那市中央4819-30
11:00~14:00
17:00~20:00
火曜日(祝日の場合はその翌日)
食堂とよばら
≪HPなし≫
72-4909 創業50年を越え多くの皆様に愛されています。人気のローメンにおたぐり(馬もつ煮)もテイクアウト可能。
〒399-4501伊那市西箕輪6583
11:00~14:00
16:00~21:30
水曜日
四方路
≪HPなし≫
72-8322 店のほとんどのメニューがテイクアウト可能。(ローメン、ソースかつ丼)
自慢の味をおうちでどうぞ。
〒396-0111伊那市美篶9375
11:00~14:30
17:00~20:00
日曜日
華留運(ケルン) 94-4277 高遠にある自家製粉手打ちそばの店。現在はテイクアウト営業のみ。そば店の「だし」「かえし」を使ってスパイスから作った「蕎麦屋の本格インドカレー辛口」や伊那の「ローメン」「ソースかつ丼」などを販売。
〒396-0211高遠町西高遠1621-1
11:00~18:00
水曜日
ファミリーレストラン
信濃路

≪HPなし≫
72-7466 ソースかつ丼&玉子とじカツ丼の2種類の味が一度に味わえるハーフ丼がおススメ。ご予算により弁当、仕出しも承ります。
〒399-4501伊那市西箕輪3900-429
11:30~13:30
18:00~21:00
木曜日

要予約
中国料理 満月 94-2343 本格中国料理をご自宅で。自粛中の閉塞感を美味しいお食事で癒してください。ご注文は電話、FAX、メールにて。デリバリーは高遠&伊那市街。(箕輪地区要相談)
〒396-0211高遠町西高遠374-1
FAX:0265-96-0431
12:00~13:30(予約)
10:00~18:00
(出前、持ち帰り)
火曜日
楽座紅葉軒 94-2154 さくら志津久や桜肉を使用した伝統の味をこの機会にお試しください。
〒396-0215高遠町小原305-1
9:00~18:00
不定休
伊那餃子会 76-8863 「おうちで餃子まつり」しませんか?伊那餃子会加盟で地域でも有名店の餃子をまとめて購入できます。1パック4~5人前で1500円。今なら餃子1人前無料になるパンフレットやプロが教える餃子の焼き方配信動画が付く特典あり。(餃子は冷凍です)
★デリバリーは御相談ください。
〒399-4511南箕輪村7233-1
お問い合わせください
木曜日

要相談
伊那ローメンズクラブ 72-7000
(事務局)
伊那ローメンズクラブ加盟店で味わえるローメンお持ちかえりリストです。
ローメン以外のメニューも可。
各店舗へご相談ください。
*印刷用PDFはこちら
問:ローメンズクラブ事務局
高遠町まち×しょくぷらん 高遠町で出前・テイクアウトができるお店をご紹介。お店の味を持ち帰り。ご自宅、職場で町食を楽しみましょう!
問:高遠商工観光課

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事処 志をじ

食事処 志をじ
食事処 志をじ 食事処 志をじ
とんかつ屋さんの手作りケーキ。生地から仕上げまで全て手作り。喫茶感覚でも食後のデザートにも人気です。
長野県伊那市西春近2701-2
TEL.0265-98-7527
営業時間:10:00〜13:00 / 17:00〜19:30
定休日:月曜日(木曜日はランチのみ営業)

マンホールカード


2019/12/27
伊那市のマンホールカード配布開始です
~みはらしの湯にて配布開始~
マンホールカードとは
日本全国にあるご当地マンホールデザインを
紹介するために作られたカード型下水広報パンフレットのことで、
そのデザイン性の高さやコレクターにより
全国的に注目度が高まっています。

日本各地のマンホールがカード化されるなか
伊那市も12月から仲間入りしました。

マンホールのデザインは、権兵衛峠を行き来した馬子と木曽馬をモチーフにしたもので、
伊那節にもうたわれている風景です。

かつては権兵衛峠を通って伊那地域からは米を、
木曽地域からは漆器や曲げ物などの木工品が馬によって運ばれ、
交易が行われていました。

そんな当時の情景を思い起こさせるカードは
みはらしの湯の受付にて配布され、
簡単なアンケートに答えていただくと無料で差し上げています。
(おひとりさま1枚、施設開館時間内のみ対応)

日帰り温泉を楽しんだあと、
マンホールカードをもらってお帰りになる方が増えています。

1205:伊那谷の冬の風物詩です


2019.12.05
お漬物にする野菜を洗う「お菜洗い」
伊那谷の冬の風物詩です。
みはらしファームの特設会場では
温泉を利用して、漬物用の菜っ葉や
根菜を洗う方でにぎわっています。
写真は地元の「羽広菜」
葉が普通の野沢菜より赤紫色なのが特徴。
県が認定する伝統野菜です。

  • facebook ツイッター日本気象協会

    facebook
    twitter
    Instagram
    日本気象協会

「天下第一の桜」
高遠城址公園
TAKATO CHERRY BLOSSOMS

そばの旅人
i-na movies In Quest of Soba

  • English

行きたいな!観たいな!
食べたいな!伊那市へ!
Guidance Video

  • 日本語
  • English
  • 中文
    (簡体)
  • 中文
    (繁体)