みどころ・花図鑑

“癒しのパワースポット” ゼロ磁場 分杭峠

平成26年度シャトバスの運行予定
4月19日(土)~11月24日(月・祝)


【癒しのパワースポット】としてテレビや雑誌などで注目の【ゼロ磁場 分杭峠】

身心の癒しを求めて来訪される方が多く、ガン、腰痛、膝痛、肩こり、頭痛や生活習慣病などの
治癒効果(個人の意見として)が評判となり、徐々に来訪者が増えております。
最近はテレビ、雑誌などの影響により、幸運、開運を求めて来訪される若者、特に女性が急増しております。
分杭峠は、神社、仏閣などの宗教色がない。巨木、巨岩などの目印となるものがない。などが特長ですが、
自然の中でゆったりと過ごすことが、癒しに繋がると言われています。
氣などの感じ方は様々ですが、一般的には、手の平にある「労宮」がもっとも敏感とされています。
分杭峠周辺では、歩きながら、静かに佇みながら、意識を手の平に集中してみてください。
手の平が温かく、ピリッと或いは指先が感じてくるかもしれません。

ゼロ磁場(相殺零場=ゼロ場)とは・・・  

一般には、「ゼロ磁場」及び「気場」と呼ばれていますが、
地球表面の断層部の局所には「ゼロ場(相殺零場)」があります。
ゼロ磁場には、未知のエネルギーの集積があるといわれています。
東洋医学によると、皮膚にある「ツボ(経穴)」は、
生命エネルギー(気)の出入り口であると言われています。
地球の断層部分にも地球内部の未知エネルギーの出入り口があり、
これを「ゼロ場(相殺磁場、ゼロ磁場)」と呼んでいます。
断層の両側から、(正)方向と(負)方向の力が押し合って、局部的には零になり、零場が形成されて
この周辺に未知エネルギーが集積されやすいことが判っています。
未知エネルギーは力としてのエネルギーやラドン温泉等の低線量放射線エネルギー、
原子を構成する素粒子群等のサイ情報構成要素から構成されており、
人々の身心を活性化させ、力を与え、元気にしてくれると考えられています。
(日本サイ科学会会長・電気通信大学名誉教授 工学博士 佐々木茂美先生監修)

 

《分杭峠アンケート結果》

 

bungui_1【分杭峠の位置】
ここは、日本最大の断層・中央構造線の真上に位置し、
「氣」を発生する「氣場」が出来ているといわれています。
伊那市長谷と下伊那郡大鹿村の境に位置し、
海抜は1424m。
「従是北高遠領」と刻まれた石柱が建てられ、
昔は高遠藩に属し、
現在は郡境になっています。
また古くから火の神様を奉る遠州秋葉神社へ至る
秋葉街道の峠のひとつでした。

平成7年7月2日分杭峠で『氣場』発見時の張(チャン)志祥師

bungui_2011_5【パワースポットの発見】
テレビで一躍脚光をあびたこのパワースポットを発見したのは、
中国湖北省連花山のゼロ磁場を発見した
有名な気功師 張志祥師です。
蓮花山のゼロ磁場地帯は
「人が幸せになれる場所」ともいわれ、
多くの人々が癒しを求めて訪れています。
分杭峠はその蓮花山と同等か、
それ以上の素晴らしい場所と言われ
分杭峠=ゼロ磁場と称されるようになり、人気となりました。

分杭峠について

 

【パワースポットめぐり】


【氣場へのアクセス】





粟沢駐車場1_1 粟沢駐車場2_1
※粟沢駐車場にはトイレ(仮設含)があります。
峠バス転

展開場1_1 展開場2_1
※峠バス転回場にはトイレ(仮設含)があります。



氣場入口_1  

現在「氣場」へ通じる道路は交通規制を行い
シャトルバスが運行しています。
(片道15分)
≪峠頂上には駐車できません≫

※障害者手帳保持者、介護保険の認定を受けている方々につきましては、シャトルバス転向場に若干の駐車スペースを確保してあります。
警備員に障害者手帳又は要支援、要介護を受けている保険証を提示してください。

◆シャトルバス運行時間/
8:00~15:00(30分~1時間間隔)
※峠頂上出発最終は16:00
◆往復料金/650円
※インターネット予約なし

◆シャトルバス乗降場(粟沢駐車場)までは
・伊那I.Cから車で約40分
※カーナビで検索する際は、シャトルバス乗降場近くの宿泊施設「入野谷」「電話番号:0265-98-1030」を入力してください。
(乗降場の住所等は登録されていないと思われるため)
・JR飯田線伊那市駅からバスで約50分+徒歩15分
・駐車料金/無料 普通車約100台・大型バスも駐車可能
・長谷循環バスが粟沢駐車場まで乗り入れますので
JRバス高遠駅からも粟沢駐車場まで直接お出で
いただけます。
期間限定での運行となりますのでご注意ください。
>>時刻表はこちらをご参照ください<<

 

 【分杭峠へのアクセス目安】

bungui_access_map

>>>シャトルバスの詳細はこちら<<<