0.お食事, お食事

ローメン

 マトンの肉と蒸した堅めの中華麺を独特のスープでキャベツなどと共に煮込んだローメンは、
地元のみならず伊那市を訪れる学生やビジネスマン・観光客からも好評をいただいている、
伊那市で古くから愛されている「ご当地グルメ」です。
 名前の由来は、最初は炒肉麺(チャーローメン)といっていましたが、いつのまにか「炒」の文字が消え、
折しも「ラーメン」ブームもあり「ローメン」となったようです。
 特長は蒸した麺とマトンとにんにくの渾然一体となった奥深い香り。麺は薄茶色で独特の香ばしさがあります。
 現在、伊那市を中心に「ローメン」の看板を掲げている店は約90軒あるといわれ、スープ風・焼そば風等、
店によってバリエーションが楽しめるのがローメンの最大の魅力です。
 また、家でもお手軽にローメンが食べられるように冷凍やインスタントのローメンが製造されるようになり、
みはらしファーム・市内のスーパー食料品店・中央道のサービスエリア等で販売されています。
 最近では東京都内や埼玉県内でもローメンを提供している店もあります。

店舗一覧

ローメンズクラブ
ローメンマップ、のぼり旗、スタンプラリーや「ローメンの日」制定など、
ローメンの普及、PRに努めています。
住所:伊那市中央4605-8 (伊那商工会議所内)
電話:0265-72-7000 (土日・祝日休み)
ホームページ
伊那市内ローメン提供店一覧(順不同)
店舗名 特長 住所 定休日 電話
(0265)
HP
華蔵 独自の製法によるあっさりとしたスープローメン。肉は好き嫌いの少ない豚肉を使用しています。 伊那市高遠町小原998-1 月曜 94-3580
とまり木 「幻のローメン」と呼ばれ、焼きそば風で遠方からのお客様も多い。醤油ベースのとまり木風たれが決め手です。 伊那市高遠町袋町1829-4-1 月曜 94-3685
萬里 伊那ローメンの発祥の店。その味は全国的にも知れ渡っている。独自のスープの味も絶品。 伊那市坂下入舟3308 月曜 72-3347
萬里彩園 マトン、キャベツ主体のローメン。長崎ちゃんぽんと焼きそばの中間。 伊那市日影25-7 木曜 73-5151
みすゞ食堂 マトンの代わりに豚肉を使用した
「焼きそば風ローメン」。お酢と七味唐辛子を使って、味の変化を楽しめる。
伊那市高遠町西高遠1701 水曜
(不定休)
94-2311
みはらしファーム
とれたて市場
スープ風ローメンを味わうことができる。売店には、「ローメンまん」があるのでお試しあれ。 伊那市西箕輪3416-1 12/29~1/1 74-1805
平家の里 当店特製牛すじローメン 1000円かくれB級グルメです。 伊那市長谷市野瀬1519-5 不定休 98-2847
アザレア
(伊那市役所食堂)
伊那市役所内にある食堂で一見関係者以外は入ることが出来なそうだが一般の人でも入って食事が出来る。 伊那市下新田
(伊那市役所内)
土・日曜
・祝日
78-4111
あすなろ ラム肉を使うなど徹底したこだわりのローメンは絶対の自信。30種類の昼定食と山賊焼き、豚の角煮も味自慢の店。 伊那市上牧清水町6423-1 月曜 78-3647
うしお 学生からサラリーマン・家族連れまで広く愛される。独特の焼きそば風ソースが決め手。超々盛りは一食の価値有。 伊那市荒井通り町3460-1 日曜 72-4595
和しん 肉はマトンと豚を選択できる、焼きそば風のローメン。少し甘味のあるスープ。 伊那市山寺1879-24 日曜 73-0632
串正 一切冷凍物を使わない頑固さがモットーの焼鳥屋。酒の肴に特製ソースのローメンが人気。 伊那市西町下春日町第二4882-2 第4日曜 78-8719
紋次郎 一面の畳敷きが特徴の居酒屋。ローメンはもちろん、ざざむし、蜂の子、馬刺しと伊那名物、珍味が味わえる。 伊那市荒井通り町1-29 年中無休 72-7452
シャトレ 猪の肉を使ったドラゴンローメンなど17種類のユニークなメニューが売り。オリジナルのタレもボトル売りで好評。 伊那市境1075-1 水曜 78-6822
四方路 特製スープで煮込んだ味が自慢。夏季のみ、焼肉をのせた冷やしローメンが楽しめる。特製ソースカツ丼もお薦め。 伊那市美篶上川手9375 日曜 72-8322
田村食堂 中華料理と定食の店。日々ローメンのたれの研究をし、こだわりの味がうかがえる。 伊那市西町下春日町5011-1 月曜 72-3787
天壇 ローメンの上に無塩バターが載ったバターローメンもおすすめ。スープ風のローメン。 伊那市坂下3312 日曜 74-9380
ともえ食堂 汁は少なめで少しトロミのある、焼きそば風のローメン。しっかりとした味付けで、締めの一杯としておすすめ。 伊那市坂下入舟3313 日曜 72-3354
とよばら 地域憩いの場の食堂。遠方からのファンも多く、信大生御用達の店。
やみつきになるローメンです。
伊那市西箕輪大萓6583 水曜 72-4909
花ぜん本店 ラーメン店のメニューに並ぶローメンもおすすめ。家族連れも多く来店する人気店。 伊那市境1649-3 月曜 72-8304
萬楽 「萬里」からのれん分けした店。味付けは同じだが、キャベツ、もやしたっぷりが特徴。 伊那市前原8268-325 火曜 72-4742
ポッケ 特製のタレとスープが自慢。ラーメン風ローメンにスープもあっさりと飲めるローメン。 伊那市西町沢5050 第1・第3
日曜
78-1250
みどり ラードで炒め、ソース味のスープ風が特徴。味もさる事ながら香ばしさが決め手。 伊那市山寺八幡町1950 水曜 72-4393
来々軒 伊那でも古参の中華料理店。ローメンの歴史も古く、豚肉を使い、特製のタレとスープが自慢。熟練の風味。 伊那市山寺八幡町1948-7 日曜 72-2687
竜門 カキ油を使った中華風味の煮込みローメンで中華料理ならではの味を演出。 伊那市中央第一4958 火曜 78-7151

麺街道

 岐阜県高山市から伊那市に至る国道361号は、国土交通省が提唱する日本風景街道にも認定されている、
風光明媚なドライブコースとしても人気があります。
その361号沿いには地域独自の食文化が根付いていて、高山ラーメン・よもぎうどん・うま辛王ラーメン・とうじそば・すんきそば・高遠そば・行者そば・ローメン等々、麺を中心にした郷土食が連なっています。
この独特な街道風情を醸し出している「山麓一(さんろくいち)の麺街道」として
多くの方に知っていただきたいと願っています。
高山ラーメン

【高山ラーメン】~高山~

高山では高山ラーメンと言わず飛騨中華と呼んでいます。

麺は細打ちの縮れ麺、スープはしょうゆベース、具はメンマ、チャーシュー、ねぎがその特徴です。
よもぎうどん

【よもぎうどん】~高山~

高山市朝日地区で村おこしとして特産品のよもぎを加工した商品を開発。そのひとつとして商品化されたのが元祖飛騨よもぎうどん。

道の駅「ひだ朝日村」の人気メニューです。
とうじそば02

【とうじそば】~木曽~

そばのしゃぶしゃぶとも言われる料理で、茹でておいたそばを「とうじカゴ」に入れ、油揚げ、長ネギ、椎茸などを煮たそばつゆにくぐらせていただきます。すんきを具にした「すんきとうじ」もお薦めです。

すんきそば

【すんきそば】~木曽~

木曽地方の郷土食である「すんき漬け」を温かなそばに乗せたもの。すんきとはカブ菜を乳酸菌で発酵させた漬物で塩を一切使用していない。独特の酸味がクセになる一品です。

行者そば

【高遠そば・行者そば】~伊那~

高遠そばは、「辛つゆそば」と呼ばれるものが原形で、焼き味噌・辛味大根・ねぎで調味されたつゆが特徴。辛味大根には汁気が少なく辛味が非常に強い「高遠辛味大根」という固有の大根が使われます。

行者そばも辛つゆそばの系統で、駒ヶ岳で修業した役行者が伝えたということから名付けられています。
ローメン

【ローメン】~伊那~

昭和30年頃、蒸し麺と羊の肉を利用した新しい料理を考案したのが始まりで、最初はチャーローメンと呼ばれました。食べるとクセになるローメンは、焼きそば風とスープ風があり各店オリジナルの味が楽しめます。

 【お問い合わせ先】
山麓一の麺街道フェスタ実行委員会
伊那市役所商工観光部 観光課内 TEL 0265-78-4111㈹
ホームページ
公開日2016/02/09・更新日2017/02/16
伊那市観光協会

行きたいな!観たいな!
食べたいな!伊那市へ!
Guidance Video

  • 日本語
  • English
  • 中文
    (簡体)
  • 中文
    (繁体)