0.お食事, 1.4大トップ, お食事

信州そば発祥の地 伊那

 信州そば 「信州そば発祥の地伊那」ロゴ_カラー縦
 荒井区内の萱は「信州そば発祥の地」の伝説を残し、秘伝の味「行者(ギョウジャ)そば」が今に伝えられています。
奈良時代の初め、修験道の開祖役小角は修業のため信州に入り、小黒川をさかのぼって駒ヶ岳を目指しました。
途中、内の萱で村人たちに温かくもてなされた役小角は、お礼として蕎麦の実を置いていきました。
村人たちはこのそばを大切に育て、信州全体に広めたのです。
 江戸時代の初め、高遠の殿様はことのほかそばが好きで「辛つゆ(大根おろしの汁に焼味噌を入れたつゆ)」で食べる内の萱の「行者そば」が大好物でした。それを聞いた近郷近在の人々は行者そばを食べようと内の萱におしかけ、大変な評判になってしまいました。
 人々の求めに応じ切れなくなった内の萱では「西駒登山を修める者以外行者そばを食べることはできない」とし、
以後、行者そばは秘伝の味となりましたが、今ではいつでも内の萱で、また毎年 10月下旬に開かれる「行者そばまつり」で味わうことができます。
 信州そば発祥の地・伊那市には手打ちそばのおいしい店が多く、各店に「辛つゆそば」「十割そば」があります。
一度ご賞味下さい。
 高遠そばは、町内の飲食店関係者でつくる「高遠そばの会」のメンバーを中心に復活されました。
行者そばと同様に、麺つゆに辛味大根のおろしと焼き味噌を混ぜた「辛つゆ」に麺をつけて食べる、
いわゆる「辛つゆそば」と言われています。「高遠そば」と書かれた青い幟のお店で食べることができます。

信州そば発祥の地の由来

 
 山国、信濃の国は奈良時代、山岳信仰の高まりの中で修行の場として多くの山が霊山として開創されました。
修験道の開祖「役小角」は奈良の都から、東山道を経て信濃の国の最初の霊場を西駒ケ岳に求めました。この時、世話になったふもと、内の萱の里人に、一握りのそばの種を渡し、厳しい環境のもとでも収穫できる、そば栽培を教えたとされます。
伊那で収穫された「行者そば」の種は修行僧等の手によって、各地の霊山のふもとに広められたと伝えられ、今日の山岳信仰の強いところにそば処有りというゆえんとなっています。
 名称未設定-2
 戦国時代後期頃から信州伊那地方ではそば切りが食べられており、高遠藩保科正之公は無類のそば好きであったと伝えられています。正之は1636年山形最上藩、1643年福島会津藩へ転封する時も、そば職人や穀屋などを連れて行きました。正之は高遠のお城の慣わしである客人に対するもてなし料理「辛つゆそば」をそば職人とともに奥州へ移したのです。のちの、四代将軍家綱の後見役として江戸に詰めた27年間にも好んで信州そばを食し、江戸中期以降に花開いた江戸のそば文化にも大きく影響しています。現在も残る山形の「寒ざらしそば」会津の「高遠そば」は信州そばの伝播の証であり、信州伊那から山形、会津へそして江戸へと大きく広がっていきました。

店舗一覧(伊那エリア)

伊那市内そば店一覧
店舗名 特長 住所 定休日 電話
(市外局番0265)
HP
名人亭 標高800m以上の伊那産原そばを使った
「石臼挽き十割そば」や「行者そば」が名物。そば打ち体験あり(予約制)。
伊那市西箕輪
3415(みはらしファーム内)
店舗にお問い合わせください 74-1831
栃の木 信州産のそば粉のみを使用し、つゆに使用する節も店内で削ってダシを取っています。十割そば(数量限定)や、京鴨のそばがおすすめです。 伊那市西春近(
かんてんぱぱガーデン内)
水曜 78-4630
角八 農協と提携栽培のそばを使った「鴨せいろ」が人気。
ご主人の海釣りの刺身も美味い。
伊那市
山寺八幡町1918-1
木曜 72-2601
飲食街に佇む居酒屋。そばつゆ味の起源、
焼き味噌で味わう「からつゆそば」が人気。
伊那市
坂下入舟3308
日曜
・祝日時々
72-2130
クロネコ 昭和10年創業の昭和浪漫漂う雰囲気の中で味わうそばは格別。 伊那市
荒井通り町3391-1
水曜 72-2324
こやぶ 創業から四十数年の老舗そば専門店。
天ざる、ざる、もりがおすすめ。
伊那市
中央4498-6
火・水曜 72-0333
しゅー 飲食街に佇む居酒屋。
飲んだあとに本格手打ちそば「ざるそば」がおすすめ。
伊那市
荒井元町3386
日曜 98-9037
竹聲庵
(ちくせいあん)
地粉の石臼挽き、味が濃くて、
風味の強い田舎そばが味わえる。
伊那市
西箕輪与地6563
水曜 78-9966
梅庵
(ばいあん)
そばつゆに大根のしぼり汁を加えた「辛つゆ」、
焼き味噌でいただく「行者そば」が名物。
伊那市
内の萱7088-2
水・木曜
(祝日の時 営業)
76-5534  
ひろ節 そば専門の畑で栽培した
そばを自家製粉する
こだわりの専門店。
伊那市
福島1660-1
月曜 71-5141
みのやさくら亭 西箕輪産そば粉を使った「天ざる」が人気。
他に日替わり一品料理がおすすめ。
伊那市
西箕輪6866-16
火曜
(祝日の場合
翌日)
73-2253

店舗一覧(高遠エリア)

伊那市高遠町内そば店一覧 
店舗名 特長 住所 定休日 電話
(市外局番
0265)
HP
壱刻
約120年前の土蔵を再生した
そば処。地元産そば粉と
酒造りに使われていた湧き水
で打つ十数種類のそばから、
日替わりで1日3種類用意して
います。
伊那市高遠町西高遠1696 木曜日
(1~3月
冬季休業)
94-2221
楽座 紅葉軒 桜肉専門店に併設した
食事処。
「手打ち高遠そば」のほか
「さくら」にこだわった
郷土料理が味わえる。
伊那市高遠町小原305-1 不定休 94-2154
みすゞ食堂 そばつゆに焼味噌を
加えた「高遠そばと
地元野菜の天ぷら
セット」、「高遠そば」が
人気。
伊那市高遠町西高遠1701 水曜
(不定休)
94-2311
入野家
(いりのや)
焼き味噌の香り、
大根の辛さが際立つ
渾身の「高遠そば」
がおススメ。
伊那市高遠町西高遠1632 不定休 94-2018
ますや 「高遠そば」と粗挽き十割、
二八のセット「合い盛り」が
おすすめ。
伊那市高遠町東高遠1071 火曜
(1月・2月は
不定休)
94-5123
華留運
(けるん)
地元産原料にこだわり、
辛味大根・焼味噌の他に
クルミつゆで味わえる
「高遠そば」が人気。
伊那市高遠町西高遠1621-1 水曜 94-4277
兜庵 メニューは
「十割手打ちざるそば」の
中盛と大盛のみ。
伊那市高遠町小原516-24 木曜
(観桜期は
無休)
94-2459
七面亭 古民家を利用したそば処。
季節料理とデザートが
付いた「ざるそばセット」が
おすすめ。
伊那市高遠町長藤1924 木曜・第2
金曜
(営業は
4~11月)
94-3517
土味の器
(つちあじの
うつわ)
地元産のそば粉で打つ
手打ち十割そばの専門店。
日展作家の主人が造る陶器
の器で提供しております。
伊那市高遠町西高遠1842-1
(JRバス高遠駅裏側)
月・火曜 94-2306
南無庵 古刹の座敷で手打ちそば
が味わえる。おすすめは
「ざるそば」、そば定食。
伊那市高遠町山室2010 火曜 94-3799
紅さくら 女性オーナーならではの
感性で作る四季折々の御膳
料理と地元高遠産そば粉を
使った高遠そばが人気。
 伊那市高遠町東高遠1656-1 木曜
(4月中は無休)
94-5580

店舗一覧(その他)

伊那市外そば店一覧
店舗名 特長 住所 定休日 電話
(市外局番0265)
HP
風聲庵
(ふうせいあん)
彩り五色(1000円)五つの味が楽しめます。
ざる(800円)・もり(700円)・とろろ(1,000円)
茅野市
宮川字安国寺3372-24
10:00~17:00
(営業期間は3月下旬~11月)
0266-72-7211

そばマップ

そばマップ(表) そばマップ(中)

麺街道

 岐阜県高山市から伊那市に至る国道361号は、国土交通省が提唱する日本風景街道にも認定されている、
風光明媚なドライブコースとしても人気があります。
その361号沿いには地域独自の食文化が根付いていて、高山ラーメン・よもぎうどん・うま辛王ラーメン・とうじそば・すんきそば・高遠そば・行者そば・ローメン等々、麺を中心にした郷土食が連なっています。
この独特な街道風情を醸し出している「山麓一(さんろくいち)の麺街道」として
多くの方に知っていただきたいと願っています。
高山ラーメン

【高山ラーメン】~高山~

高山では高山ラーメンと言わず飛騨中華と呼んでいます。

麺は細打ちの縮れ麺、スープはしょうゆベース、具はメンマ、チャーシュー、ねぎがその特徴です。
よもぎうどん

【よもぎうどん】~高山~

高山市朝日地区で村おこしとして特産品のよもぎを加工した商品を開発。そのひとつとして商品化されたのが元祖飛騨よもぎうどん。

道の駅「ひだ朝日村」の人気メニューです。
とうじそば02

【とうじそば】~木曽~

そばのしゃぶしゃぶとも言われる料理で、茹でておいたそばを「とうじカゴ」に入れ、油揚げ、長ネギ、椎茸などを煮たそばつゆにくぐらせていただきます。すんきを具にした「すんきとうじ」もお薦めです。

すんきそば

【すんきそば】~木曽~

木曽地方の郷土食である「すんき漬け」を温かなそばに乗せたもの。すんきとはカブ菜を乳酸菌で発酵させた漬物で塩を一切使用していない。独特の酸味がクセになる一品です。

行者そば

【高遠そば・行者そば】~伊那~

高遠そばは、「辛つゆそば」と呼ばれるものが原形で、焼き味噌・辛味大根・ねぎで調味されたつゆが特徴。辛味大根には汁気が少なく辛味が非常に強い「高遠辛味大根」という固有の大根が使われます。

行者そばも辛つゆそばの系統で、駒ヶ岳で修業した役行者が伝えたということから名付けられています。
ローメン

【ローメン】~伊那~

昭和30年頃、蒸し麺と羊の肉を利用した新しい料理を考案したのが始まりで、最初はチャーローメンと呼ばれました。食べるとクセになるローメンは、焼きそば風とスープ風があり各店オリジナルの味が楽しめます。

 【お問い合わせ先】
山麓一の麺街道フェスタ実行委員会
伊那市役所商工観光部 観光課内 TEL 0265-78-4111㈹
ホームページ

行きたいな!観たいな!
食べたいな!伊那市へ!
Guidance Video

  • 日本語
  • English
  • 中文
    (簡体)
  • 中文
    (繁体)