表示結果

分杭峠の麓でお客さまを笑顔にする

2018/9/4 分杭峠の麓でお客様を笑顔にする
株式会社プラーナ零磁場
取締役 木下 護さん

分杭峠は中央構造線と呼ばれる世界最大級の断層の上にあり、大自然のエネルギーを感じるスポット。
その麓にある「株式会社プラーナ零磁場(ぜろじば)」では、分杭峠の水を採水し販売しています。
緑に囲まれたショップで働く木下さんは、製造からネット販売、
ショップを訪れるお客様の対応にいたるまで、ほぼ一人でこなします。
「水をつくるのはシンプルな工程。だからこそ衛生管理が一番大切で、苦労するところ」
と語る横顔は職人のよう。
品質にこだわる充填作業を行い、手作業も含め
機械を微妙に調整しながら大切につくられる「ゼロ磁場の秘水」は、
全国にファンがいてリピーターも多いそう。
また、水は繊細なので取り扱いにも注意が必要で、
1本1本がお客様の手に届くまで配送にも心を配ります。
分杭峠は”ゼロ磁場”ともよばれ、不思議な体験を求めて訪れる方もいますが、
その科学的根拠を解明するのは難しいこと。
「でもこれからの時代にはきっとこういう場所も求められるはず。次世代にむけ、今、何ができるのかなあ」
忙しい毎日に追われながらも、未来を思うことも。
「分杭峠を訪れた人が笑顔になって帰ってほしい。ただそれだけ」との思いでお客さまと接するうちに、
木下さんの語りが面白いと話題になっています。
「第3の氣場」とよばれるショップで「分杭峠のきみまろ」として頑張る木下さん。
シャトルバスの待ち時間に、そっと立ち寄れば笑顔をもらえるかもしれません。

分杭峠アンケート結果(H23)



《分杭峠アンケート結果》

 

 

分杭峠

癒しのスポット「分杭峠」

巨大断層である中央構造線上に位置するこの峠は
大自然の中でゆったりと過ごすことが癒しにつながると、人気のスポットです。
森林浴を楽しんだり、遊歩道を散策したり。
緑に囲まれた中でゆっくりした時間を過ごしてください。
分杭峠からの眺望 森林浴ができる木製ベンチ  分杭峠の秋

                            
分杭峠へ向かうシャトルバスは運行再開しました!

今年は4月6日(土曜日)から運行再開!
*運行期間:2019年4月6日~11月24日(終了予定)
*気象条件や道路状況により運行状況が変更になる可能性があります。
*最新の運行状況は公式フェイスブックで発信します。
水場は崩落の危険があるため通年で立ち入り禁止です。
*4月中の分杭峠は大変冷え込みます。暖かな服装でお出かけください。
*分杭峠について お問合せは:(一社)伊那市観光協会へお願いします(0265)78-4111㈹

【分杭峠へのアクセス】

現在、分杭峠周辺道路は交通規制を行っております。
*峠頂上付近には、駐車スペースがありません。
ふもとの「粟沢駐車場」からシャトルバス
ご利用ください(片道約15分)
*峠頂上での路上駐車は厳禁です。
*シャトルバスを利用せずトレッキングで分杭峠氣場へ向かうことも可能ですが、走行するシャトルバスに注意してください。
(粟沢駐車場~峠頂上は約5.5㌔徒歩で1時間30分以上かかります)
(シャトルバスを利用しない場合は協力金300円のみかかります)

【シャトルバスのご案内】

◆運行区間◆
「粟沢駐車場」~「分杭峠」を30分~1時間間隔にて運行します
◆運行時間(所要時間片道約15分)◆
【のぼり:粟沢駐車場⇒峠頂上】*8:00(始発)~15:00(最終)
【くだり:峠頂上⇒粟沢駐車場】*9:15(始発)~16:00(最終)

◆運賃(往復料金。協力金含む)◆
*大人(12歳以上)800円/子供(12歳未満)400円
*座席を必要としない乳幼児は無料。
*団体さま料金はありません。
*予約不要です。
*シャトルバス乗り場前にある「プラーナ零磁場売店」にてチケットを購入し乗車してください。
◆粟沢駐車場◆
*料金/無料
*普通車約100台・大型バスも駐車可能(3台)
*障害者手帳保持者、介護保険の認定を受けている方は、頂上のシャトルバス転向場に若干の駐車スペースを確保してあります。
*頂上の駐車場をご利用の場合は、ふもとのチケット売り場「プラーナ零磁場」にて許可証をお渡しします。許可車以外は駐車できませんのでご注意ください。
*係員に障害者手帳又は要支援、要介護を受けている保険証を提示してください。
◆ペット同伴の方は◆
以下の条件を守っていただける場合のみご乗車可能です。
①長さ70㎝以内でタテヨコ高さの合計が90㎝程度のゲージに入れる。
②ほかのお客様のご迷惑にならないよう対処していること。
③乗車料金として飼い主さまと同額運賃をいただきます。
*ほかのお客様の荷物を破損、汚損した場合や、危害を加えるなどのトラブルは飼い主さまに責任を負っていただきます。
*バスの運行によりペットに異常が発生した場合は、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。
*鳴き声や臭いなどによりほかのお客さまのご迷惑になると判断した場合はお断りさせていただくことがあります。
◆団体さまは◆
団体専用バスの運行も可能です。ご相談ください。
トラビスジャパン㈱_0265-71-3800




粟沢駐車場1_1 粟沢駐車場2_1
※粟沢駐車場にはトイレ(仮設含)があります。
峠バス転

※峠バス転回場周辺にはトイレがあります。



「木製観覧ベンチ」と「縁台配置休憩テント」を設置しました

【バス乗車場へのアクセスのご案内】

お車の方は…】伊那I.Cから車で約40分(25km)
*中央道伊那ICから高遠長谷方面へ(R361か伊那市役所からナイスロードをお進みください)
*小黒川スマートICから高遠長谷方面へ
*高遠町白山トンネルを通過し、R152(秋葉街道)を長谷方面に直進。
※カーナビで検索する際は、
シャトルバス乗降場近くの宿泊施設「入野谷(0265-98-1030)」を入力してください。
 
【公共交通機関の方は…】
・JR飯田線.伊那市駅 = (路線JRバス「高遠線」30分) = JRバス.高遠駅 = (路線JRバス「長谷循環バス」50分)=粟沢駐車場.バス停
※期間限定での運行となりますのでご注意ください。(1日2便)
伊那市駅~高遠駅 >>時刻表はこちら(伊那市公式HP)
高遠駅~粟沢駐車場 >>時刻表はこちら(伊那市公式HP)
・健脚の方は、JRバス高遠駅から長谷循環バスに乗車し、「上村(かみむら)」で降車後、徒歩で 「粟沢駐車場」に行くことも可能です。(約2km徒歩30分)
>>シャトルバスの詳細はこちら 外部リンク<<
 アンケート結果はこちら(H23年実施)

分杭峠入場料(環境整備協力金)についてのお願い

平成27年7月18日より分杭峠に直接お見えになるお客様から
入場料(1名:300円)を徴収させていただきます。
2歳以下乳幼児、障害者手帳持参者及び介助者1名は無料です。
※シャトルバスをご利用のお客様は乗車料金に入場料が含まれているため、
入口でバスチケットを提示ください。
入場料(環境整備協力金)につきましては、
分杭峠の維持管理費、警備員の経費、安全対策、環境整備等に使用させていただきます。
何卒皆様のご理解とご協力をお願いします。

※平成27年夏「木製観覧ベンチ」「縁台配置休憩テント」を設置しました。
分杭峠周辺で森林浴や遊歩道散策等、ゆっくりと憩い、くつろいでいただけるようになりました!

※入野谷山(いりのややま:1772m)への遊歩道も整備安全確認が済み、入山可能となっています。
初心者の方でも登ることができますが、充分な登山整備を行った上で安全な散策をお楽しみください。
新緑を楽しみながら仙丈ヶ岳、北岳、間の岳等の眺望が楽しめます。

分杭峠について
お問合せは:(一社)伊那市観光協会(0265)78-4111㈹

【分杭峠の位置】
ここは、日本最大の断層・中央構造線の真上に位置し、「氣」を発生する「氣場」が出来ているといわれています。
伊那市長谷と下伊那郡大鹿村の境に位置し、海抜は1424m。
「従是北高遠領」と刻まれた石柱が建てられ、
昔は高遠藩に属し、現在は郡境になっています。
また古くから火の神様を奉る遠州秋葉神社へ至る
秋葉街道の峠のひとつでした。

 

 

モデルコース【パワースポット 分杭峠】

準備中

分杭峠

準備中

分杭峠「ゼロ磁場」

分杭峠「ゼロ磁場」

伊那市お花めぐり2018夏

伊那市内のお花の名所をご紹介します(2018/7/25更新)
*アイコン画像はイメージです。

つつじの名所

 

鳩吹公園

春日公園

高尾公園

     
 11種約3万株の可憐なつつじの花の競演が楽しめる園内では、ウグイス等の野鳥も歓迎してくれます。赤い屋根の時計台が印象的な芝生の上でゆっくり過ごせます。    ホームページ  中央・南アルプスを望みながら伊那市街を一望できます。園内には約2万本が植えられており、色鮮やかなお花を楽しめます。
ホームページ
 伊那北駅ほど近くの高尾神社には約500本のつつじが植えられており、毎年最盛期にはつつじまつりが行われます。
散り終わり 散り終わり 散り終わり
 住所:伊那市横山7227-1420  住所:伊那市西町5949番地1  住所:伊那市山寺区2124
 周辺観光:かんてんぱぱガーデン、きのこ王国  周辺観光:伊那部宿旧井澤家住宅、伊那文化会館  第86回高尾神社例大祭 つつじまつり(5/12)
本祭午前9時~午後8時
*神事(浦安の舞)/11:00~
*宝投げ/①午後6時~ ②午後7時~ 参加無料
*福引/午前9時~午後8時 福引券or 100円
*イベントは終了しました

 

バ ラ

バ ラ 

八重桜

伊那まちバラぶらり2018

しんわの丘ローズガーデン

花の丘公園

花の丘
いち早くバラが開花すると言われる伊那市通り町商店街。「花と音楽に誘われ、ぶらり歩いてみたくなる街」をコンセプトに様々なイベントが予定されています。
「バラまち散歩マップ」を各店舗で配布しています。
  220種類約1800本のバラが植えられ、ハイブリッド、フロリバンダ、修景など沢山の種類のバラがご覧いただけるほか、眼下に高遠の街並みと遠くに中央アルプスを望むことができます。ホームページ   園内には50種類の八重桜など約2,000本の桜が植えられています。中央アルプスや伊那谷が一望できます。
散り終わり 散り終わり 散り終わり
 住所:伊那市西町~荒井~坂下~山寺  住所:伊那市高遠町東高遠  住所:伊那市高遠町東高遠
「伊那まちバラぶらり
2018年5月20日~6月17日
*イベントは終了しました
第11回高遠「しんわの丘ローズガーデン」バラ祭り
2018年6月2日~6月24日
*バラ祭りは終了しました
*イベント情報はこちら
♡高遠しんわの丘ローズガーデン公式HPはこちら
http://takato-rose.org/
 周辺観光:ポレポレの丘、花の丘公園、高遠城址公園、分杭峠、南アルプスむら長谷(道の駅)他  周辺観光:ポレポレの丘、しんわの丘ローズガーデン、高遠城址公園、分杭峠、南アルプスむら長谷(道の駅)他
 *6/23予定の「信州高遠藩鉄砲隊砲術演武」のイベントは都合により中止となりました。  お花の盛りが過ぎ、今年の八重桜は散り終わりとなりました。
6/19:イベントは終了し、バラのお花も初夏の一番花は散り終わりです。
今後は四季咲種の二番花、三番花と秋まで断続的に咲き続けます。
6/28:バラ祭りイベントは終了し、初夏の一番花は散り終わりです。
今後は四季咲種の二番花、三番花と秋まで断続的に咲き続けます。
開花状況2018はこちら
秋のバラ祭り
2018/10/6~8

 

遠照寺のぼたん

深妙寺のあじさい

かんてんぱぱガーデン

 ぼたん寺として有名な遠照寺では、170種1000株の色とりどりのあでやかなお花が楽しめます。そば処「南無庵」も営業  県下最大規模のあじさい寺として有名。170種約2500株が境内を埋め尽くします。2000個の石臼で作られた美しい庭園も見事です。
散り終わり 散り終わり ガーデン内見頃
 住所:伊那市高遠町山室2010
☎0265-94-3799
 住所:伊那市西春近3160
☎0265-72-5070
 住所:伊那市西春近(広域農道沿い)
☎0265-78-2002
遠照寺ぼたん祭り2018:5/12(土)~5/26(土)
入園拝観料 大人400円 中学生以下無料 2000株170種類
*ぼたん祭りは終了しました
 深妙寺あじさい祭り:
7月1日(日)~7日(土)
入園拝観料無料 駐車場有(普通車60台・大型バス可)
*あじさい祭りは終了しました
・ぼたんと共に、1200年の境内をご散策下さい。
・国重要文化財 釈迦堂 多宝塔、枯山水庭園 鶴亀合掌(いのり)の庭
七面堂絵天井、陣太鼓、鰐口etc
・庫裡にて、手打ち十割そば「南無庵」(要予約)
・新潟ぼたん苗直売。
 周辺観光:しんわの丘ローズガーデン、ポレポレの丘、高遠城址公園 周辺観光:かんてんぱぱガーデン、きのこ王国 周辺観光:きのこ王国、鳩吹公園

 

南アルプス林道
シナノコザクラ

登内時計記念博物館
しゃくなげ

仲仙寺
水芭蕉

  石灰岩の岩場に生える「岩桜」の変種で、長さ2から3センチほどのハート型の花びらが特徴です。
南アルプス林道沿いの石灰岩の岩肌に紅紫色の花が可憐に咲いています。
 緑豊かな博物館の庭では、1000株あまりの高貴なシャクナゲが植えられており、博物館を囲むように一斉に咲き始めます。 伊那路と木曽路を結ぶ権兵衛峠の麓にあり「馬の観音さま」として親しまれてきた古刹。
整備された遊歩道には水芭蕉やカタクリが植えられている。
  散り終わり 散り終わり
 南アルプス林道バスは6/15~
戸台-北沢峠 運行再開
 住所:伊那市西箕輪1938-88☎0265-72-2500 住所:伊那市西箕輪羽広3052
0265-73-5472
 周辺観光:みはらしファーム 周辺観光:みはらしファーム

 

平成28年度開催い~な旅

伊那市の自然や歴史のスポットを中心に、日帰りで「ちょっとお出かけ」できるツアーを開催しています。
パンフレットなどに載っていない情報や、普段は通り過ぎていたような穴場などをボランティアガイド「い~なガイドの会」がご案内。
今までとは違う、伊那市の魅力を再発見してください!

【平成28年度ツアー一覧】
い~な旅H28

 

お出かけ旅_入野谷山山頂標識_リサイズ 今年もい~な旅が始まりました!当初予定していた27日が雨天のため31日に開催しました。
当日は晴天に恵まれ、22名の参加者は「絶景の峰」に広がるパノラマに歓声を上げていました。
歩く足元には、クリンソウ、マイズルソウ、レンゲツツジなどの花々が咲き、疲れを癒してくれました。

2016年5月31日(火)第1回「健脚向!大パノラマ広がる入野谷山へトレッキング」

お出かけ旅_ガイド山行_リサイズ お出かけ旅_マイズルソウ_リサイズ お出かけ旅_クリンソウ_リサイズ
お出かけ旅_休憩_リサイズ お出かけ旅_南アルプス_リサイズ お出かけ旅_絶景_リサイズ

※第2回は、6月18日(土)「やってみらっしオープン記念!おやきづくりに挑戦」は催行中止となりました。

2016年7月27日(火) 第3回「夏の入笠 植物の宝庫を楽しもう」
img_3768 今回の参加者は24名。太陽の光が降り注ぐ中、ヤナギラン、コオニユリ、クサレダマ、ツリフネソウなどたくさんの花が競うように咲いていました。入笠山は伊那市にありながらなかなか行くチャンスがない奥深い高山の夏、爽やかなツアーでした。
2016年8月10日(水) 第4回「美和ダム内部探検と湖畔散策」
img_4011 夏休み中のため、幼児、小学生など含め参加者は27名。ダム内部は寒いくらいで外の暑さを忘れるほどでした。下から見上げる巨大な美和ダムの迫力に圧倒されました。湖畔の風景や道端の花々、特に神田橋からの山々の眺めや分杭峠は素晴らしく、一度は訪れて欲しい場所です。
2016年9月27日(火) 第5回「権兵衛峠頂上ジャンボカラマツの森を歩く」
img_6844 連日の雨がウソのように快晴に恵まれたこの日の参加者は14名。樹齢250年以上と言われる34mものカラマツの巨木は、神々しいまでの姿で天を目指して立っています。そのおごそかなたたずまいに、思わず拝んでしまう参加者も。ガイドブックにはない、ちょっといい旅になりました。
2016年10月20日(木) 第6回「紅葉の南アルプス林道を歩く」
img_4925 紅葉の南アルプスはため息が出るほどの美しさで、林道を歩くい~な旅は毎年人気のツアー。北沢峠までの道中の運転主さんによる名物ガイドも、旅に色を添えます。道端に咲き誇るヤマハハコの白い花、見上げれば雄大にそびえる南アルプスに山々。谷底まで広がる錦絵に、感動の声を上げる参加者たち。思い思いに歩きながら秋を満喫した一日でした。
2016年11月11日(金) 第7回「晩秋の伊那市 ぐるっとビューポイントめぐり」
img_1491 今年最後のい~な旅は、晩秋の伊那市内にある美しい風景をめぐる旅です。小雨から始まったツアーも、昼前には青空に。ちょうど紅葉もさかりを迎え、絵画のような景色に出会えた一日となりました。近所に住んでいても意外に気が付かないすばらしい景色が、伊那市にはたくさんあるのです。

 

 

南アルプス長谷ビジターセンター

南アルプス長谷ビジターセンター

南アルプス長谷ビジターセンターは、道の駅「南アルプスむら」に隣接しています。三千メートル級の山々が連なる南アルプス、中央構造線上に位置し癒しのスポットとして人気の分杭峠、360度の大パノラマと満天の星を眺める鹿嶺高原、秋葉街道ウォーク・マウンテンバイク・釣りなどのアウトドアスポーツなど長谷地域を中心とした魅力的な観光素材を展示するとともに、伊那市の総合的な観光情報を発信する拠点として、平成25年6月にオープンしました。お気軽にお立ち寄りください。

DSC02989 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 長谷ビジターセンター (13)

IMG_8577    長谷ビジターセンター (11)   長谷ビジターセンター (8)   長谷ビジターセンター (10)

長野県伊那市長谷非持1400
080-5147-3005

◆2019年3月17日(日)まで
毎日:10:00 ~ 15:00(平日は職員不在)

◆2019年3月18日(月)~ 7月12日(金)
毎日:10:00 ~ 15:00

◆2019年7月13日(土) ~ 9月16日(祝月)
毎日 9:00 ~ 16:00

◆2019年9月17日(火)~ 10月31日(木)
土・日・祝日:9:00 ~ 16:00
平日:10:00 ~ 15:00

◆2019年11月1日(金)~ 12月28日(土)
毎日:10:00 ~ 15:00

◆2019年12月29日(日)~ 2020年1月3日(金):年末年始休業

◆2020年1月4日(土)~
毎日:10:00 ~ 15:00(平日は職員不在)

 

ビジターセンター周辺の みどころマップ

秋葉(あきは)街道

秋葉街道

中尾市野瀬間秋葉街道の自然22年6月12日撮影 156
白衣観音 虚空蔵 双対道祖神 秋葉街道23.08.15 020
 秋葉街道とは、静岡県浜松市(旧春野町)にある秋葉神社へ秋葉詣でをする街道のことで、信州から秋葉神社へ通じる道は総じて秋葉街道と呼ばれています。
 当地域の秋葉街道は、高遠的場地籍から東高遠、長谷、分杭峠、大鹿、地蔵峠、和田、青崩(あおくずれ)峠を越え、秋葉神社に通じる道で、生活物資や生産物の輸送路としても重要でした。
 昔は集落ごとに秋葉講があり、毎年秋葉神社本妻の12月15日に当番が代参しました。長谷地区から代参に要した日数は6日で、寒く日の短いこの時期の代参は大変な苦労があったようです。
秋葉街道①
 秋葉街道②
 【お問い合わせ】
伊那市長谷総合支所 ☎0265-98-3130

そばの旅人
i-na movies In Quest of Soba

  • English

行きたいな!観たいな!
食べたいな!伊那市へ!
Guidance Video

  • 日本語
  • English
  • 中文
    (簡体)
  • 中文
    (繁体)